健康上のリスクって言われても…では、リスクが全く無い物って何?

米 、電子タバコで初の死者か」っていう記事を読んだのですが…

日本と違ってアメリカは、ニコチン入りのリキッドや大麻成分(?)が入ってるかもしれないリキッドも売られているわけで。
ニコチンの配合量とかを間違えちゃうと、死に至る危険性も有るでしょう。

日本で売られているリキッドは、ニコチンは含まれていません。
だから「健康上のリスクはありません」とは言いません。

「世界保健機関は、健康上のリスクがないわけではない」
との指摘、保険機構っていう立場上出さざるを得ないとは思うけど。
だったら「健康上まったくリスクがない物」リストも発表してもいいと思うけど。

世界保健機構のお墨付きが得られた物なら、安心して使える?食える?飲める?

私的には、なんか微妙だなぁ。
だってさぁ、こういうのって結構政治色も強いだろうし
何かことが起こった時の責任はどうなるかも不明だしね。
※私的・個人的意見ねw

まぁこんなことに噛み付いてもしょうがないわけで。
でも、このニュースは「嫌煙家・たばこ大嫌い人種(例えば某都知事とか)」には味方になり、電子タバコを含む愛煙家はますます肩身が狭くなるよね(汗)

私も紙巻きタバコから電子タバコ・プルームテックに移行しました。
もう2年以上紙巻たばこ(火を付けて吸うたばこね)は吸っていません。
そういう意味では「禁煙」に成功しているよね。
※電子タバコとかはミストで、(タールなどを含む)煙ではないのですw
※まぁ屁理屈かもしれないけどねwww

地方はまだそんなにキツく無いと思うけど、都内はきついよね。
喫煙所もどんどん撤去されてるし、ホント吸える場所を探すのが一苦労だったりもします。

「だったらタバコやめればイイじゃん」っていうご意見もあろうかと思いますが、ちょっと置いといて…

タバコは合法的に売られてるし、タバコを吸う権利も有るよね。
喫煙者が一定数居る以上は、「共存共栄」していく方向で良いと思うんですよ。

「それは喫煙者の理論だよね」なんて言われるかもしれないけど、現状は喫煙者の方が随分折れてると思うんです。


話が随分それちゃいましたねw

この世の中全ての物に、大小の差こそあれ何らかのリスクがあります。
思う思わないは別にして、みんな何らかのリスクを背負って生きていますよね。

「タバコ」ばかりが話題に登る昨今ですが、「タバコを吸うリスク・吸わないリスク」。
「嫌いなものは無くせばいい(無くなればいい)」のロジックじゃなく、「共存共栄」のロジックで生きたいなぁ
って思う今日このごろ。
でわ!


TARLESS(ターレス)スターターキット(リキッド2本付き) TARLESS(ターレス)スターターキット(リキッド2本付き) TARLESS(ターレス)専用カートリッジ 3個入り TARLESS(ターレス)専用カートリッジ 3個入り
(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です