2020年4月から全面施行される「喫煙」のルール。

2020年の東京オリンピック、「タバコの無いオリンピック」でしたっけ?
「超嫌煙おばさん」の主導のもと、2019年9月から「受動喫煙防止条例」が施行されたことは御存知の通り。

2020年4月からの「改正健康増進法」を先取りしたような形で施行された都の条例。
東京都内に住んでたり、都内に通勤されている喫煙者にとっては、かなり厳しいですよね。

もちろん「喫煙ルール」や「受動喫煙」タバコの煙など、非喫煙者に対しては最低限気を配る必要はあると思います。
でも、「条例」や「法律」で縛るのは、いかがなものかなぁ…

でね?
2020年4月から施行される「形成健康増進法」ですが、喫煙のルール「吸える場所」の規制がますます厳しくなります。

「飲食店の屋内では全面禁煙」

基本的に、飲食店の屋内は完全に禁煙になります。
お店に入る前に「禁煙」か「喫煙可」がわかるように、入り口に掲示されるようになります。

  • 喫煙専用室
    店内に喫煙室が設けられている場合は、喫煙室内でのみ「喫煙可」
    喫煙室内では飲食はできません。
  • 加熱式タバコ喫煙室
    店内に喫煙室を設けますが、中では加熱式のタバコしか喫煙できません。
    ただし、喫煙室内での飲食は可能です。
  • 喫煙目的室
    喫煙を楽しむ目的のお店、例えばスナックとかバーですね。
    喫煙しながらお酒などを嗜むことができます。
  • 喫煙可能室
    比較的小規模の飲食店では、全面または一部で喫煙が可能。
    飲食も可能です。

おそらく規模・来客数の多い飲食店を除き「タバコ専用」、「加熱式タバコ専用」の喫煙室は設けられないでしょう。
なので、ほとんどの飲食店では「屋内全面禁煙」ということですね。

ファミリーレストランや焼肉屋さん、回転寿司などは、すでに店内全面禁煙ですよね。
おそらく食事がメインのお店に関しては、これまで通り「全面禁煙」が主流であり、我々喫煙者も「分かってて」行くので問題はないと思います。

一番影響が出そうなのは、ある程度の規模の飲み屋さん、居酒屋さんでしょう。
飲むとさぁ…やっぱり吸いたくなるよね。
なので法が施行されたら、ワタシ的には足が遠のくかも。
または、「喫煙しながら飲める」飲み屋さん、比較的小規模な飲み屋さんに行くかなぁ。
※全力で探しますwww

例えば「忘年会」とか「宴会」?
どうしても参加しなければならない「飲み会」なら参加するでしょうけど、それ以外は「宅飲み」でいいかなw

おそらくこれからも、喫煙者の肩身はどんどん狭くなり、隅っこに追いやられていくでしょう。
「タバコやめればいいじゃん!」いやぁ…身もふたもないことを仰る(汗)
まぁそうなんだけど、それでも喫煙をやめない理由がどこかにあるから「タバコ吸ってる」んでしょうね。

同士たちよ!
頑張って生きましょう!
でわ!

※うまい水で水割り・お湯割り!宅飲みの必需品
やっぱりお水は天然水が一番!【コスモウォーター】

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です