カートリッジ式でサクッと交換!色んな味が楽しめる!EasyVAPE TARLESS(ターレス)

電子タバコ・リキッドの専門店ベプログさんから発売されている「EasyVAPE TARLESS(イージーベイプ ターレス)」。
四角いボックス型タイプ(ポッドタイプって言うのかな?)の電子タバコ。

電子タバコって、リキッドを入れるタンクが付いててコイルがついてて…ちょっと手を出しにくいですよね。
でも今回ご紹介する「EasyVAPE TARLESS(イージーベイプ ターレス)」は、なんと!タンクとコイルと吸口(マウスピース)が一体になったカートリッジ式。
カートリッジをリキッドごとに用意しておけば、自分の好きなタイミングでカートリッジを取り替えて…
わざわざタンクを洗ったりコイルを換えたりする必要はなく、カートリッジ交換だけでいろんなリキッドを楽しめるんです!

でね?

  • レキッドの味を楽しむカートリッジ
    普通の電子タバコですね。
  • プルームテックのたばこカプセルが使えるカートリッジ
    プルームテック互換機的なw!

これ一つで、電子タバコとプルームテックが楽しめる!
もちろんプルームテック+用のたばこカプセルも使えるし…いやぁ~これは良い!

ターレススタータキット(カートリッジ2本付き)ゲットでございます!

ターレス スタータキット(カートリッジ2本付き)ゲットでございます!

という事で、早速入手したわけですが…

ワタクシ実は発売当初…昨年(2018年)の10月に入手して、半年近く使っております。
早くレポート上げたかったのですが、記事がなかなかまとまらず(汗)
今回は、開封と約半年使った感想も書きたいと思います。

私が入手したターレスはブラック。
最近は色のバリエーションが増えてて、ブラック以外にホワイトも選べるみたいですね。

4種類から選べるリキッド2本付きでござします。

4種類から選べるリキッド2本付きでござします。

スタータキットなので、電子タバコ用リキッド4種類(タバコ系2種、メンソール系2種)から2種類選べます。

  • タバコ
  • ドライハードメンソール
  • バニラタバコ
  • 巨峰メンソール

私は「タバコ」と「ドライハードメンソール」をチョイスしました。

早速開封!こんにちわw

早速開封!こんにちわw

立派な箱を開けると、こんな感じに入ってます。

ターレスのセット内容。

ターレスのセット内容。写真は本体の蓋を外して、たばこカプセル用のカートリッジも並べています。

  • ターレス本体
  • プルームテックのたばこカプセル用のカートリッジ(本体にセットされていました)
  • リキッド用のカートリッジ
  • 充電用のマイクロUSBケーブル
  • 取扱説明書(もちろん日本語!)

ターレスの箱の中は以上でございます。

蓋をしている状態で、長さは約10.5センチ。

蓋をしている状態で、長さは約10.5センチ。

本体の大きさは、長さ(高さ?)約10.5センチ、幅約3.7センチ、厚さは約1.3センチ。
重さは、本体+蓋+カートリッジ込みで約75グラム。
本体は金属製で、マットな仕上げ。デザイン的にもかっこいいです!

蓋を外すと、長さは約7.4センチです。

蓋をお尻につけると、とっても持ちやすくなります。

蓋は強力なマグネットで付いていて、取り外すと約7.3センチ。
約7センチでは持ちにくい?
大丈夫!
外した蓋は、本体の底面に!マグネットでくっつきます。
これで本体も持ちやすくなるし、外した蓋を無くすことないですね。

そうそう、蓋の内側にたばこカプセルを挿すことができます。
新しいたばこカプセルを予備として、一緒に持てるのは良いですね!
※ほんと色々考えられてます。

それぞれのカートリッジにリキッドを入れてみます。

それぞれのカートリッジにリキッドを入れてみます。

左のカートリッジがリキッドの味を楽しむ用で、右がプルームテックのたばこカプセルを楽しむようです。

カートリッジ上の黒い筒の部分が吸口(マウスピース)で、根本に吸入量を調節できるようにリングが付いてます。

カートリッジにリキッドを入れるの図。

カートリッジにリキッドを入れるの図。

リキッドは吸口の横にあるネジを取って、にゅーっと入れるだけ。
※ネジを無くさないように注意してくださいね。

ネジにはパッキンが付いているので、倒してもひっくり返してもリキッドが漏れにくくなってます。

そうそう、リキッド用のカートリッジのコイル抵抗値は1.2Ω。たばこカプセル用は1.6Ω。
抵抗値が低いほど爆煙(爆ミスト?)にはなるのですが、たばこカプセル用のカートリッジは若干爆煙を抑える感じになってますね。
※もちろん使った感じ、プルームテックよりは煙(ミスト)量は多いです。

カートリッジを本体にセットの図。

カートリッジを本体にセットの図。

リキッドを入れたら、ターレス本体にカートリッジをセットします。
カートリッジにマグネットが付いているので、本体をひっくり返しても倒してもカートリッジは外れないです。

ちなみに…写真に写っているリキッドは、りきっどやの「メンソールタバコ味」
100ミリリットル入った大容量リキッドなんですが、結構安いしうまいんですw

そうそう、新しいカートリッジの時は、リキッドチャージ後15分くらいそのまま待機!
コイル周辺のコットンに、リキッドを染み込ませます。

充電中は窓が赤く光ります。

充電中は窓が赤く光ります。

まずは本体を充電します。
充電中は窓の中が赤く光ります。充電が終われば消灯します。

吸い方は電子タバコと同じ。
横の銀色のボタンを5回連続で押して電源を入れます。(LEDが5回点滅します)
ボタンを押しながら吸引!

ボタンを押している間(通電中)は、小窓のLEDが光ります。
LEDの色は電池の残量も示していて、白なら80-100%だったかな?
青、紫…(順番は失念しました(汗)…赤くなったら充電してくださいね。

リキッドの味は意外と出てますので、結構楽しめると思います。
で、ニコチンが欲しくなったら、たばこカプセル用のカートリッジにサクッと交換!
いやぁ~ほんと「サクッと」なんですよ~めっちゃ楽w

電源を切る場合も、ボタンを5回押し。LEDが5回点滅します。
使い方は、まさに「電子タバコ」!

プルームテックしか使ったことない方は、「ボタンを押しながら」に慣れてないと思います。
ターレスは基本的には「電子タバコ」なので、ボタン操作…忘れずにねw

あと、50パフのお知らせはないので、味が薄くなった・キック感が無くなった…目安でたばこカプセルを交換してくださいね。


半年間使った感想ですが…

  • 電池の持ちは使い方にもよるけど、1日は十分持つと思います。
  • リキッド用のカートリッジ、確かにミスト量多いです。
    味も出ているので、リキッドを十分楽しめると思います。
  • プルームテック、プラスもそうですが、たばこカプセルが余ることって大きじゃないですか。
    そんな時はターレスで!ターレスならリキッドさえチャージすれば十分余らすこと無く吸えます。
  • カートリッジは…そうですねぇ…2週間位をめどに交換したほうが良いかも。
    カートリッジは消耗品なので、美味しくいただくためにも定期的に交換が良いと思います。
    ※カートリッジだけ3個セットで1200円位だったかな?安いので定期的に交換ですね!
  • 50パフ吸い終わったたばこカプセルでも、頑張れば吸えます。
    意外とキック感もあるので、結構節約になります。
  • カートリッジごとにリキッドを決めて、吸いたい時に吸いたい味のリキッドに交換!
    やっぱり、最大の利点はここでしょうね~
  • もちろんリキッド+たばこカプセルで、リキッドと違った味に変わる!
    たばこカプセルに合うリキッド探しも楽しいです。

良いことが多いのですが、一つ言わせていただければ…
「リキッドや吸い方によっては、たばこカプセルがびしょびしょになる」

プルームテック+でも同じようにはなるのですが、やっぱりミスト量が多いのでびしょびしょに鳴りやすいのかな?


より電子タバコに近い(っていうか電子タバコそのもの!)プルームテック+も登場しましたが、ターレスを持ってて全然損はないっていうか…
約半年使って、ワタシ的には国交元が取れてるっていうか、コスパのいい電子タバコだなって思います。

ランニングコスト的にも、比較的安いカートリッジ+リキッド。
たばこカプセルの再利用も出来るし、ワタシ的には買って良かったって思います。

という事で本日は、ベプログさんから発売されている「たばこカプセル」も使えるポッド型電子タバコ。「TARLESS(ターレス)スターターキット(リキッド2本付き)」の開封と使い方、約半年使った感想でした。

プルームテック、電子タバコライフ、お楽しみくださいね。
でわ!

電子タバコ、リキッドの専門店「ベプログ」

TARLESS(ターレス)スターターキット(リキッド2本付き)
TARLESS(ターレス)スターターキット(リキッド2本付き)

【EasyVAPE】RAINBOWプルームカプセル対応セット
※もっと小さいのが欲しい?こちらもおすすめです。

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です