平成が終わり「令和」の幕開け!タバコ・喫煙に関しては、厳しさが増すんでしょうねぇ…

平成…健康増進の下に、喫煙者だけを狙い撃ちした「たばこ税の増税」と「喫煙場所の限定化」。
天皇がご退位され「令和」に変わりましたが、おそらく今の流れはそのまま?
いえいえ、おそらく加速するであろうことは明白!←金さん調でw

タバコも技術革新が進み、紙巻きから加熱式が主流になろうとしています。

  • 従来品に比べて「有害物質が大幅減」。
  • 煙が出ないので「受動喫煙も大幅に減」。

大前提の崩れ。
タバコ・喫煙は健康に害を及ぼす(危険性)がある。
新しいタバコ、低温加熱式のタバコに関しても、健康に害を及ぼさいない事は確認されていない。
受動喫煙による健康被害も有り、喫煙者だけの問題ではない。
だから「たばこ税を増税して」喫煙者を減らし、将来的にはタバコのない世界へ。

たばこ税を増税して「高額商品」になれば、おのずと買う人も少なくなるであろう。
っていう理論ですよね。

喫煙者が減りタバコの売上が減少したことに伴う「たばこ税の税収減」。
これは一大事とばかりに、「じゃぁたばこ税上げようぜ!」っていう理論にすり替わった。

加熱式タバコは、使う葉の量が少ない。
葉の量で税率を決めていたのでは、今後ますます税収減になってします。
だったら「税率の決め方変えるべ!」なるべく高い税率になるように変えようぜ!

なんかさぁ…酒税の世界と同じ構図?
企業が研究に研究を重ねてやっと作った物が、国によっていとも簡単に潰される。
第三のビールや焼酎?酒税のいたちごっこと同じ構図が、タバコにも見えてきましたね。

「タバコを嗜む者」としては、これからもますます厳しく、肩身の狭い思いが続きます。
これから禁煙する・しないは別にして…
嫌うだけではなく「共存」できないものかなぁ。
たばこ税を「タバコを嗜む」人たち、設備、施設などの為にも使ってほしいなぁ。
※一部でもいいからさ、お願いしますよ!

※健康に害を及ぼさいない事は確認されていない。
※思うんだけどさぁ…健康に害を及ぼさないものって、世の中にあるのでしょうか?
※あるなら見せてほしいぞ!

ワタシは「喫煙も文化」と考えます。
衰退していくとは思うけど、近々に無くなるものでもないし。
もちろんマナーも大切、そして「非喫煙者」の理解も大事。
なんとか共存できる社会を目指したいですね。

小さなことでも、出来ることはやる!
新しい時代「令和」、頑張っていきましょう!
でわ!

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です